【兎(うさぎ)紋】
兎は昔から神聖なものとされていて、『日本書紀』にある因幡の白兎は、後世では兎神として祀られ、因幡国高草郡内海村に今日でも素兎(しろうさぎ)神社としてその名を知られいる。『延喜式祥瑞』に挙げられているものの中に、「白兎月之精也、其寿千歳」とあるのをみれば、鶴亀と同じく延命長寿の瑞獣とされていたことがわかる。(沼田頼輔著「日本紋章学」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

三つ兎 花兎 浪に月に兎


===>>Top page
Ads by Sitemix