【鷹の羽(たかのは)紋】(「たかのはね」ではありません!)
鷹の羽を紋章に用いたのは、思うに、この鳥の勇猛強悍で、鳥や獣をとらえるという尚武的意義に基づいているのであろう。中古武官のかぶった武礼冠に、鷹の羽を左右にはさんだようなものは、装飾のためだけではなく、武官に限り、これを用いたということは、やはりこの意義に基づいているようである。(沼田頼輔著「日本紋章学」)

外国の紋章で、鷲はライオンと並んで、最もひろく使われたパターンの一つである。それに匹敵(といっても小型だが)したのがわが国では鷹であった。
鷹はいわゆる「高取(たかとり)」--上空を飛翔できた猛禽で、このたくましさは武士が勇武の紋章とするにふさわしかった。しかもそのほとんどが、鷹の羽だけで象徴した。それだけに趣向からして、ずっとあかぬけしたものといえる。
鷹の尾羽は、他の鳥にもまさって、珍重され矢羽として多用された。武士が背にした箙(えびら)にきれいに並べられた羽の斑(ふ)、それは紋章に図案化されて、十分な魅力であった。・・・むかしから「弓矢にかけて」といえば戦闘づくでを意味し、「弓矢の神」は、すなわち武神。「鷹の羽」が阿蘇明神の神紋とされたのは、その狭義一つで、それは菊池一族が使った。(高橋賢一著「大名家の家紋」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

浅野鷹の羽 糸輪に斑いり
違い鷹の羽
浮線鷹の羽 丸に違い鷹の羽 鷹の羽蝶



不正確に描かれた紋章は美しくありません。長い年月をかけて、勝れた美意識によって完成された紋章の形は、ゆるぎないものです。それを正しい姿で伝えてゆこくとが大切だと思います。 形の基礎となる作図を紋章の「割り出し法」と言います。紋章上絵師の手によって、長い間継承されてきた伝統技法です。(泡坂妻夫著「卍の魔力、巴の呪力」)

・違い鷹の羽の作図例
水平・垂直線の交点を中心に持つ基本円を書くと四等分される 基本円と同じ半径で4つの円を書く。各円の中心点は基本円と水平・垂直線との交点 円と円の交点を対角線で結ぶことで基本円が八等分される。
次に半径を求める為に赤線を引く
赤線と斜め線の交点から基本円の中心までを半径とした円(必要なのは円ではなく半径の寸法)
その半径で対角線上に中心を持ち基本円に内接する円を4つ配置する 違い鷹の羽の輪郭ができる 羽の芯を各二本引き
次に最初の蕊を書く
この蕊と羽の芯を基準にすると蕊の位置が等間隔で次々と自動的に決まる

泡坂妻夫著「卍の魔力、巴の呪力」参考


===>>Top page
Ads by Sitemix