【洲浜(すはま)紋】
洲浜とは三角州にできる洲渚(しゅうしょ)のことで、文様となったのは仙人が住むという蓬莱(ほうらい)山の仙境を模して祝賀の際に作られた台である。「紫式部日記」には「弁の内侍の、裳に白銀の洲浜、鶴を立てたるしざま、めづらし」と載る。初見は「太平記」で比叡山を攻める足利軍の中に洲浜紋がみえる。洲浜台は後世に至っても祝賀の席などにも使用され瑞祥的な意義により文様から家紋になったと考えられる。(高澤等著「家紋の事典」)

「平安紋鑑」「紋之泉」は”須浜”と表記しているが、ここでは「紋典」「紋章大集成」等の表記に従った。
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

比翼洲浜 洲浜


===>>Top page
Ads by Sitemix