【七宝(しっぽう)紋】
七宝は古くは輪違いといわれる連続文様で、輪が四方に広がるという意味の四方が七宝になったとされる。現代では七宝の名が定着し、輪違いは輪を交錯し繋いだものをいう。(高澤等著「家紋の事典」)
昔、輪違といったものは、概して今の花輪違を指したものと思われる。元来この花輪違は、その外郭が四個の輪状が交錯してでき上がった形なのであるから、これを四方襷と称したり、十方と称する者もあった。十方を訛って七宝といったり、あるいは玉輪違と称したりする者があって、一定した呼び方はなかった。(沼田頼輔著「日本紋章学」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

七宝に花角


===>>Top page
Ads by Sitemix