【笹(竹)紋】
竹に雀を取り合わせたのは、梅に鶯を取り合わせたのと同じであり、早くから鑑賞されていたように思われる。
・・勧修寺家一門、すなわち公家がもちいた雀は、いずれも三羽であるが、上杉氏や鳥居氏、すなわち武家のもちいたものは二羽に限られているようである。そして二羽を有するものは、一羽は口を開き、一羽は口を閉じているのが故実となっている。
・・「見聞諸家紋」を調べてみると・・上杉家の竹に雀は、いずれも右側のものが口を開いている(沼田頼輔著「日本紋章学」)

竹に雀は勧修寺家の代表家紋で、これから出た諸家は皆竹に雀を用いた。この紋章は近衛家の牡丹についで名誉あるものとして扱われたため、やたらな家で使うことがなかった。勧修寺家よりこれを贈与したものは、長尾・伊達・最上などの有力豪族に限られ、これを贈られた武家の用いたものは、いずれも二羽の雀紋となっており、公家の三羽雀と対照を成している。(参考文献:「日本姓氏紋章総覧」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

柳生笹

上杉家笹 勧修寺家笹 丸に九枚笹 丸に九枚笹
紋割方作図


三つ割り(六つ割り)タイプ
九枚笹の紋割方による作図例

===>>Top page
Ads by Sitemix