【龍胆(竜胆)(りんどう)紋】
村上天皇の子孫である村上源氏が家紋として用いたことで知られる。一門には、六条、岩倉、千種、東久世、植松などの各氏があり、村上源氏の流れを汲んむ久我(こが)氏でも竜胆紋が使われている。久我氏と関わりがあった宇多源氏の綾小路、庭田、大原、五辻などの各氏でも使われている。後に、清和源氏も一部で竜胆紋を家紋としたことで、源氏の代表的な紋というイメージが強くなった。(高澤等監修「家紋のすべてがわかる本」)

龍胆、一名笹龍胆、その葉の形が笹に似ているための別名。笹と龍胆の構成説は誤り。文様は公家に好まれ、龍胆だすきの織紋として村上源氏系の壮年者用の衣服・車文等に用いられた。笹龍胆は清和源氏の代表紋と、一般的には思い込まれているが、清和源氏は鎌倉初期まで家紋を制定していない。当代の戦記、源平盛衰記・吾妻鏡・太平記にも代表家紋を証左する記事は見当たらない。ただ見聞諸家紋に、清和源氏の河内・石川氏が龍胆紋を用いたことが記載されているのみ。鎌倉期に村上源氏の代表家紋であったものがいつしか清和源氏流の源頼朝画像に誤り描かれてより、龍胆が清和源氏の代表紋と称されるようになった(伊藤幸作編「日本の紋章」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。


久我竜胆車


===>>Top page
Ads by Sitemix