【連翹(れんぎょう)紋】
連翹紋は、連翹の花もしくは蕾を車輻状に配列し、これに弁状物を添えて簡便化したものであり、その形状は実物とは遠ざかり、はなはだしく紋章化している。・・連翹紋は藤原氏公季流の代表家紋である。(沼田頼輔著「日本紋章学」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

正親町連翹


===>>Top page
Ads by Sitemix