【熨斗(のし)紋】
アワビの肉を薄くはぎとり、長くひき延ばし乾燥したもの。熨斗鮑とも呼ばれ、後に熨斗となる。祝宴の肴、慶賀の贈りものに添える飾物。この場合は、折り紙に包むため、折熨斗と称した。束ねたものは束熨斗。蘆名物語に・・・二ツ鳥にタバネ熨斗、関柴備中守行重ト書キタル旗ヲ一陣ニサシ上、・・・と戦国期・関柴氏が束熨斗紋を用いた記録がある。またこの期に、金の束熨斗・立熨斗が馬標に使われた。旗本の河野・奈良氏の家紋(伊藤幸作編「日本の家紋」)

熨斗はアワビの肉を薄く削ぎ、火熨斗(ひのし)とよばれるアイロンで薄く引き延ばして乾燥させたもので、慶事の進物や儀式の肴として用いられた。次第に簡略化され、現在ではアワビの代わりに黄色い紙を六角形の紙で包んだ小さなものを、形式的にのし袋に付けたり印刷したりして用いられている。「のし」は延寿に通じて縁起物とされ、瑞祥的な意義で家紋となったと考えられる(高澤等著「家紋の事典」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

熨斗鶴の丸


===>>Top page
Ads by Sitemix