【雁金(かりがね)紋】
雁紋は、雁を象った紋である。雁は雁金ともいう。雁金は雁音(かりがね)の意味であろうと言われている。
雁紋は文様から転化したもので、尚美的意義に基づいたものである。(沼田頼輔著「日本紋章学」)

元々は「雁音」と表記され、便りをもたらす鳥として親しまれ、平安時代になると「雁金」という字が宛てられるようになった。
文様としては飛ぶ様子の美しさから尚美的な意義によるものと考えられるが、紋章としては武士が用い、武具に意匠されることが多かったことから武器の雁股(かりまた)の鏃(やじり)による尚武的な意義も意識していると思われる。(高澤等著「家紋の事典」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

尻合せ
三つ結び雁金
結び雁金


===>>Top page
Ads by Sitemix