【角字(かくじ)紋】
角字は文字を四角の中に閉じ込めた紋。

角字は正方形の中に閉じ込められた字です。商標や印半纏(しるしばんてん)に使われ、江戸の文字の中では一番使用されることが多かった。(泡坂妻夫著「卍の魔力、巴の呪力」より)

同じ漢字であっても、その読み方によって角字は字体が異なっている。
その一例
「吉」・・「きち」の角字と「よし」の角字は字体が異なる
「武」・・「む」の角字と「ぶ」の角字は字体が異なる
「藤」・・「とう」の角字と「ふじ」の角字は字体が異なる
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

福の角字 鶴の角字


「角字」関連
丸に福の角字 丸に二の角字 丸に一の角字

===>>Top page
Ads by Sitemix