【蛇の目(じゃのめ)紋】
蛇の目紋は弦巻(つるまき)紋ともいう。
弦巻紋は、弦巻を象った紋である。弦巻というのは、弓の弦を巻きつけるもので、出陣のときに腰につけるものである。後世になって、この紋を一般に蛇目というようになった。思うに、その形が蛇の目に似たところがあったから、このように呼びならわしたもので、梅鉢紋が太鼓の桴に似ているところからこのように名づけられたの同様で、まったく、世間でいう呼び名である。(沼田頼輔著「日本紋章学」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

蛇の目


蛇の目の作図・・・中の丸は三分の一を以て定むべし(「平安紋鑑」「紋之泉」他各種紋帖を参考)

===>>Top page
Ads by Sitemix