【石畳(甃)(いしだたみ)紋】

石畳は「甃」とも表記され、また霰(あられ)紋ともいわれる。正方形の敷石を等間隔に並べた形をしており、元来は古くから衣装などで用いられた石畳文様(市松文様)が家紋の素材となったものである。文様として最も単純な形式であり、洋の東西を問わず古くから文様として使用されている。石畳紋には正方形だけでなく長方形のものもあるが、霰紋といわれるのは正方形だけである。また黒石と白石を入れ違いに描くといわれることがあるが、白石部分は決して数に入れられない(高澤等著「家紋の事典」)

丸に四つ石 三つ石 繋ぎ九つ石


===>>Top page
Ads by Sitemix