【蝶(ちょう)紋】
蝶紋は蝶を象った紋である。蝶の文様は奈良朝時代からすでに行われたもので、正倉院御物遊猟の絵文様に、これを描いたものがある。平安朝時代になって、この文様が次第に行われるようになり、法隆寺所蔵屏風裏文様に群蝶を描いたものがある。やがて藤原時代から鎌倉時代になって、いよいよ盛んに、衣服、調度の器具などにこの文様がほどこされ、『年中行事』をはじめとして、『平治物語』『紫式部日記』などをみても、いかに多くこの文様が使われたかがわかる。(沼田頼輔著「日本紋章学」)

・・「以前は「浮線蝶(ふせんちょう)の紋を臥蝶(ふせちょう)(伏せ蝶)と呼んでいた」というのです。
「臥蝶」とは、羽を水平に伏せている状態を指し、それに対して「羽を立てる」つまり羽を上げて留まっている状態を「揚羽(あげは)蝶」といいます。家紋に登場する「揚羽蝶」は、一般にいうアゲハチョウではなかったのです。・・羽を上げるか下げるかで文様の名称が区別されていたとは驚きでした(森本景一著「家紋を探る」)

家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

変わり揚羽蝶
中村吉右衛門

備前蝶 揚羽蝶


===>>Top page
Ads by Sitemix