【榺(ちきり)紋】
榺は機織の道具で経巻具(たてまきぐ)ともいう棒である。榺紋は巻き付けた糸で経巻具が繋がっている状態を描いている。また、木材の部材と部材を繋ぎ合わせる切り込みの形状も表す言葉であり、こうした堅く結びつく状態をイメージした瑞祥的な意義で文様となったと考えられる。文様としては藤原時代から用いられ『年中行事絵』や『春日権現験記絵』などにも見え、文様から家紋になったものであろう(高澤等著「家紋の事典」)

榺紋は、榺を象った紋である。榺は別に衽または千切の字を使う。榺は工字の形をした機織の道具で、経(たて)糸を巻きつけるものである。また、建築上、石や木などをつなぐために使うものもある。榺は両端が広く、中央が狭く、ちょうど二個の三角形を頭あわせにしたようなものである。・・
榺を文様として使ったことは『年中行事』『法然上人絵伝』『春日験記』などに出ているから、藤原時代から鎌倉時代にわたって使われていたらしい。そして、榺紋は、この文様から転化したものであろう。そして、これを紋章として用いたのは、その形が対称的で見分けやすいのと、そのうえ、二つの物を結合して離れなさせないという効果をもっているので、瑞祥的意義があるからであろう(沼田頼輔著「日本紋章学」) なお、「平安紋鑑」は榺を千切と表記している。

榺(ちぎり):工字形のタテ糸をまきつける機織(はたおり)道具。また木や石を接続する建築工具。契(ちぎり)のごとく強く永くという意味で紋章化された。法然上人絵伝等に文様が散見される。(「日本の紋章」伊藤幸作編)

榺(ちきり):はたおり道具の部品(左の写真)。中世衣服の流行文様(伊藤幸作著「紋章 鳥獣魚・形・印・字・具」美術出版)
・写真の榺は伊藤幸作著「紋章 鳥獣魚・形・印・字・具」美術出版より
・「日本紋章学」、「日本の紋章」では榺を「ちぎり」としている。ちなみに「広辞苑」(第三版)では”ちきり”

家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

榺菱 丸に榺


===>>Top page
Ads by Sitemix