【千鳥(ちどり)紋】
千鳥は、群衆して波の上に浮かび、その形態が優雅なので、文様として用いられ、藤原時代から鎌倉時代にわたって、衣服、調度、器具などの文様として使われたので、この時代にできた絵巻物類に、この文様の描かれているものをみることができる。そして、紋章は、この文様から移ったもので、思うに、尚美的意義に基づいたものであろう。(沼田頼輔著「日本紋章学」)

* 尚美的意義とは、その形状が単に優美であるために、用いられた紋章をいう。例えば、公家たちの用いた家紋は、だいたいこの種に属する(沼田頼輔著「日本紋章学」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

丸に千鳥


===>>Top page
Ads by Sitemix