【洒落紋】
洒落紋の発祥は江戸時代の前期です。家紋を色で表現したり、絵や文字などを家紋の代わりとして付けて、これらを「風流紋」などと称していました。「伊達紋」や「加賀紋」などはこれに含まれます。
元来、伊達紋は刺繍で表したもので、俳優、侠客、粋好みの人々に好まれました。また、加賀紋は友禅染めが特徴で、加賀の上級武士、家格の高い町人、風流人が好んで付けました。風流紋の中でも、彩色しない家紋の周りに華やかな文様をあしらうのは、ほかにはない加賀紋の特色でした。
こうした風流紋の流れは広く浸透し、制作技法の変わった現在でも、「洒落紋」「花紋」「加賀紋」などと呼ばれながら続いており、カジュアルな着物には欠かせないものとなっています。呼び方は様々ありますが、現在ではそれらの定義付けは難しいので、ここでは総称して「洒落紋」と呼ぶことにします。
洒落紋は、「紋章を決まった場所(紋所)に付ける」というきまり以外にはとらわれない紋のことをいいます。
以上、森本景一著「家紋を探る」より抜粋

<<洒落紋の特色 → 家紋のきまり>>
・色を使って表してもよい → 白黒で表さなければならない
・サイズは自由でよい → その時代により大きさがほぼ決められている
・円を無視してよい → 紋のデザインが円の中で構成されている
・家紋とは無縁、あるいは家紋を変化させたもの(変化系)でよい → 文様に「家」という意味が込められている
以上、森本景一著「家紋を探る」参考


洒落紋
対い海老の丸 海老の丸 蟹牡丹

===>>Top page
Ads by Sitemix