【沢瀉(おもだか)紋】
源平争乱期の武将達に好まれ、鎧・直垂・腹巻等に沢瀉文様を用いたことが諸戦記に散見される。沢瀉は多用された紋であるが、史料には余りみられず、越中の椎名氏が見聞諸家紋に載るのみ。(伊藤幸作編「日本の紋章」)
どうして武人がこの文様を好んだかというと、恐らく巴や州浜のように、時代の流行に迎合したものであって、ほかに理由はないように思われる。(沼田頼輔著「日本紋章学」)
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

藩主毛利家の
定紋と替紋
長門沢瀉 長門沢瀉 沢瀉鶴 石持地抜き
立ち沢瀉
丸に立ち沢瀉

** 関連 **
一文字三つ星

===>>Top page
Ads by Sitemix