【目結(めゆい)紋】
目結紋とは、括って染めた文様、たとえば鹿子染のような文様に象ったものをいう。鎌倉時代に流行した文様。尚美的意義の紋章である。(沼田頼輔著「日本紋章学」)

なお、「紋之泉」はこれを”四つ目”、「平安紋鑑」は単に”目”と目次に記している。
家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

丸に隅立て
四つ目
丸に三つ目

不正確に描かれた紋章は美しくありません。長い年月をかけて、勝れた美意識によって完成された紋章の形は、ゆるぎないものです。それを正しい姿で伝えてゆこくとが大切だと思います。 形の基礎となる作図を紋章の「割り出し法」と言います。紋章上絵師の手によって、長い間継承されてきた伝統技法です。(泡坂妻夫著「卍の魔力、巴の呪力」)

丸に隅立て四つ目の作図 丸に隅立て四つ目の作図


「隅立て四つ目」の作図法(八つ割り)・・・定規とコンパスで作図する伝統手法を踏襲しつつPCで作図。

===>>Top page
Ads by Sitemix