擬態紋:伏せ蝶 【擬態紋:伏せ蝶】
<擬態>
擬態は見立てともいう。
・他の有名な紋や人気の高い紋に見立てて作り替えたもの(森本景一著「家紋を探る」)

・一つのモチーフを他のものになぞらえて表現すること(泡坂妻夫著「卍の魔力、巴の呪力」)

・・・「以前は「浮線蝶(ふせんちょう)の紋を臥蝶(ふせちょう)(伏せ蝶)と呼んでいた」というのです。
「臥蝶」とは、羽を水平に伏せている状態を指し、それに対して「羽を立てる」つまり羽を上げて留まっている状態を「揚羽(あげは)蝶」といいます。家紋に登場する「揚羽蝶」は、一般にいうアゲハチョウではなかったのです。・・羽を上げるか下げるかで文様の名称が区別されていたとは驚きでした(森本景一著「家紋を探る」)

家紋をクリックすると図案通りのアイテムページに、
呼称をクリックすると図案とは白黒が反転したアイテムページに移動します。

扇胡蝶 五瓜胡蝶

浮線花菱


===>>Top page
Ads by Sitemix