【木瓜(もっこう)紋】

木瓜紋には諸説あるが、「木瓜(もっこう)の紋は、胡瓜もしくは木瓜(ぼけ)の切口に象ったものではなく、木瓜は帽額(もこう)の仮字である。そしてこの文様が古くから、必ず簾の帽額に限って描かれた文様であったから、この名称を受けたもの(沼田頼輔著「日本紋章学」)」という説を私は支持するものである。


丸に木瓜 木瓜 三つ割り木瓜 剣木瓜 四方木瓜

堀田木瓜 石持ち地抜き
木瓜
立木瓜 五瓜に釘抜き 織田瓜
(織田信長)


石持地抜き(こくもちじぬき)

・石持とは地色に染め抜かれた白い円のこと。地抜きとは地色の色を使って紋を描くこと。(泡坂妻夫著「家紋の話」)

・石持ちのもとの意味は「餅」であり、白いのを「白餅」、黒を「黒餅」といった。白餅は「城持ち」、黒餅は「石持ち」(石高を持つ、加増されるの意)にひっかけて、武家では縁起いいものとした。だが紋章上しだいに区別をなくして、「石持」の字が双方を代表した(高橋賢一著「大名家の家紋」)


===>>Top page

Ads by Sitemix