【花菱(はなびし)紋】

花菱は唐花菱(からはなびし)ともいわれ、大陸から伝来した菱形の連続文様である。実在の花ではなく、架空の花として扱われる。平安時代にいは有職文様として、家格や伝統に相応して、公家の装束や調度品に付けられたため、当時の姿を伝える『年中行事絵巻』や『春日権現験記絵』など絵巻物などには必ず見ることができる。(高澤等著「家紋の事典」)


四つ花菱
松本幸四郎
鬼花菱鶴 浮線花菱


===>>Top page

Ads by Sitemix